あなたに、ベスト・ウェイ NEXCO東日本

ENTRY

大規模な工事を成功させ、
大動脈を未来につなぐ。

阿南 洵哉 Junya Anan

東北支社 仙台工事事務所 2016年入社
理工学研究科 社会交通工学専攻 修了

工事が進むにつれ、
自身の成長を実感できた日々。

阿南は、大学在学中に起こった東日本大震災で高速道路が通行止めになり、救護や物流が途絶えてしまう状況を目の当たりにした。
「災害が起きた時、高速道路は物流や支援をつなぐ『命の道』になるとニュースで聞きました。そんな大事な道路を管理・建設するというのは素晴らしい仕事だと感じたんです。確かな誇りを持てる仕事に、自分も就きたいと思いました」
 念願かなって入社すると、最初の配属先である仙台管理事務所で、老朽化した橋梁に抜本的な補修を行う「高速道路リニューアルプロジェクト」に携わることに。損傷した床版を撤去し、新しい床版を設置するのが目的だ。床版とは、橋を通行する自動車を直接支え、荷重を桁へ伝達させる構造部材を指す。
 配属を聞いた時、阿南は「そんな大規模な工事の担当をできるのだろうか」と、不安だったという。
最初は、周りの人が話す用語さえもわからなかった。必死に聞いて調べることから開始し、徐々に自分の意見も言えるようになっていった。

「リニューアル工事は、最新の技術を用いて長寿命化を図らなければいけません。それをどうやって実現するか、日々検討しています」
そう語る現在の阿南には、経験を積み重ねた自信が感じられる。この仕事で求められるのは、できるだけお客さまに迷惑をかけないように、少しでも工事規制の日数を減らすこと。関係機関や他部署とアイデアを出し合いながらその方法を考えていく大変さを味わう一方で、目に見えて工事が進展していく様子に感動し、お客さまからの感謝の言葉に苦労が報われることも多い。
「最も嬉しかったのは、安全管理を任されて懸命に勉強し、受注者さんに危険ポイントを指摘して改善してもらい、結果的に工事を無事故・無災害で完了できたことです。『細かい所まで良く気付きますね』と言っていただきました」
自身の成長を実感しながら、阿南はさらに多くの業務に挑戦していきたいと考えている。

橋梁リニューアル工事

ある1日のスケジュール

PROFILE

阿南 洵哉

本社 管理事業本部、仙台管理事務所を経て、仙台工事事務所に。休日には、職場の先輩や同期とともに、温泉旅行に出かけたり、スポーツ大会に出場したりすることも。

OTHER ARTICLES 他の社員のSTORYを見る

  • #事務職
  • #土木職
  • #施設職